システムキッチンのリフォームは高機能すぎないこと

台所をリフォームしてシステムキッチンを導入する際にはいくつかの点を考えておく必要があります。それは予算とか機材のグレートや配色なども大事なのですが、あまりにその機材が高機能すぎないということです。その高機能という点に関して現在のシステムキッチンではコントとレンジフードと流し台と戸棚が一体になってるのですが、機材のグレードによっては高機能になった場合だと戸棚は電動式で開閉可能なタイプがあったり、専用の食洗機がビルトインされていたりなどしたり、レンジフードはシロッコ式になっていたりなどする場合があります。しかし高機能すぎる機材の欠点はその後のメンテナンスです。食洗機は専用の部品を使用していたりするので万が一の事態が発生するとその修繕費が高くつきますし、量販店などで売られている汎用品を代替として使用できにくい状態になります。戸棚は電動式なので故障したらモーター取換が高くつくし業者に依頼しないとなりません。レンジフードに関してはシロッコ式は構造が複雑で素人では掃除がやりにくいことこの上ありません。なので高機能すぎる機材は避けたほうが後先のメンテナンスを考えたほうが賢明なのです。

排水口と換気扇の汚れとシステムキッチンリフォーム

キッチンの汚れのなかでも、とてもがんこな箇所が換気扇や排水口でしょう。さっと洗って汚れをとるわけにもいかず、手間をかけて掃除しなければいけません。しかし、システムキッチンリフォームによって排水口や換気扇の掃除を簡単にすることができます。まったく掃除いらずというわけにはいかないようですが、掃除は普通のものよりもとても簡単ですむようです。換気扇はべたべたの油がこびりついて、キッチンのなかでも一番嫌な掃除部分でしょう。その掃除が楽にすむのならば、油汚れを気にせずに、好きな料理を作れそうです。また、洗物のたびにどうしても汚れてしまう排水口は、いやなぬるぬる汚れが気になる箇所です。この汚れも放置しておけば排水管のつまりや、いやな匂いのもとになってしまうでしょう。こちらも掃除が簡単にすむようになれば、キッチン作業が大幅に楽になるはずです。

リフォームする理由が替わってきたシステムキッチン

戸建てでもマンションでも新居を構えると台所にはシステムキッチンを入れて快適な調理をしたいとの希望が多いものです。実際に、システムキッチンを選ぶ際、家族の生活を考えて必要なキッチン用品の組み込まれたラインアップモデルの中から選んだものを使って生活を始めるのですから当面は気持ち良く調理を行えるのです。ところが、日々様々な調理を続けていくうちに収納スペースが納まりきれなくなったり、使いづらさや面倒な掃除あるいは汚れ落とし作業等で次第に不平や不満が出てくるものです。従って、住まいのリフォームで特に希望の多い箇所は風呂場とキッチンが圧倒的なのです。風呂場はカビの発生しやすい温湿度環境による汚れの目立つためですが、キッチンは入居した時に考えていたスムーズで快適なキッチン作業のできないことが第一の理由に挙げられています。但し、最近は、節水方シンク、省エネ型ガスコンロ等、省エネを意識したリフォームの希望も増えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)